司法書士ながしま事務所

司法書士ながしま事務所

0564-52-3236

メールでのお問い合せ

成年後見成年後見

愛知県岡崎市の司法書士法人ながしま事務所|登記、相続手続、他債務整理お任せください! > 成年後見

成年後見

成年後見制度は精神上の障害(知的障害、精神障害、認知症など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、その方を援助してくれる人(成年後見人等)を付けてもらう制度です。成年後見制度は法定後見制度と任意後見制度からなり、法定後見制度はさらに後見(ほとんど判断ができない人)、保佐(判断能力が著しく不十分な人)、補助(判断能力が不十分な人)の3つに分けることができます。任意後見制度は本人の判断能力が衰える前から利用できますが、法定後見は判断能力が衰えた後でないと利用できません。

成年後見申立の流れ


①司法書士に相談~依頼
成年後見の申立が適当かどうかの判断、成年後見人候補者の決定等

※ 当法人を後見人候補者として申立いただくことも可能です

②申立書類の作成・取寄
本人の財産や収支を証明する資料や、戸籍謄本、診断書等をご用意いただきます

③家庭裁判所へ申立


④家庭裁判所の調査官による事実の調査
申立人、本人、成年後見人候補者が家庭裁判所に呼ばれて事情を聞かれます

⑤精神鑑定
実際に精神鑑定がおこなわれるのは稀で、申立て全体の約1割に過ぎません

⑥審 判

申立書に記載した成年後見人候補者がそのまま選任されることが多いですが、場合によっては家庭裁判所の判断によって弁護士や司法書士等が選任されることもあります

⑦審判の告知と通知
裁判所から審判書謄本をもらいます

成年後見人の仕事

成年後見人の仕事には、大きく分けて財産管理と身上監護の2つがありますが、ここでいう身上監護には、現実の介護行為は含まれません。また、食料品や衣料品等を購入するような日常生活に関する行為については、本人が自由におこなうことができます。なお、本人の居住用不動産を処分するには家庭裁判所の許可が必要となります。ここでいう「処分」は売買だけでなく、賃貸や抵当権の設定等の行為も含まれます

メールでのお問い合せ

0564-52-3236

「成年後見」の情報をもっと詳しく知りたい方は
ながしま事務所通信をご覧ください。

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。

任意後見

任意後見制度は本人が契約の締結に必要な判断能力を有している間に、将来自己の判断能力が不十分になったときの後見事務の内容と後見する人(任意後見人といいます)を、自ら事前の契約によって決めておく制度です(公正証書を作成します)。なお、任意後見制度での家庭裁判所の関与は、本人があらかじめ選任しておいた任意後見人を家庭裁判所が選任した任意後見監督人を通じて監督するにとどまります。

メールでのお問い合せ

0564-52-3236

「任意後見」の情報をもっと詳しく知りたい方は
ながしま事務所通信をご覧ください。

    Notice: Undefined variable: result in /home/httpd/vhosts/jn-office.com/httpdocs/wp-content/themes/nagashima_j/functions.php on line 36 Notice: Undefined variable: result in /home/httpd/vhosts/jn-office.com/httpdocs/wp-content/themes/nagashima_j/functions.php on line 42
  • 現在登録されているデータはありません。

その他ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。