裁判所提出書類作成

No123 未成年者の遺産分割

    ~ 知らなくてもなんとかなるかもしれないけど、知ってたらきっと役立つ情報をお届けします ~

    第123号 平成27年9月 発行

    未成年者の遺産分割 ~ 特別代理人の選任

    A COLUMN ~記事~

    北海道から九州鹿児島まで ~ 広がる「ながしまネットワーク」

    当事務所は、毎年夏の終わりに「事務所OB会」を開催しています。今年は西尾の佐久島へ一泊旅行形式で行いました。毎年、当事務所から開業したほとんどの司法書士、行政書士が参加してくれます。今年は、現役スタッフを含めて総勢12名。昨年に引き続き、北海道苫小牧で開業した司法書士もわざわざ駆けつけてくれました。バーベキューをして、海で遊んで、夜は花火に宴会、天候にもなんとか恵まれ、本当に楽しいひとときを過ごすことができました。当事務所を卒業して開業した皆にも慕われて、本当に当職は所長冥利に尽きます。

    当事務所は、スタッフの開業を支援する事務所です。将来的に開業を目指す意識の高いスタッフが、各方面から集まってきます。入所のきっかけは様々です。当職自ら声をかけた者もいれば、司法書士会の斡旋だったり、他の司法書士の紹介だったり、ホームページを見て直接「雇ってください」と言ってきた者がいたり…。当職は、彼らが近い将来の開業の糧になるような知識や経験を積めるよう、できる限りの支援を心がけています。その気持ちや配慮を知ってか、彼らの方も、自身のスキルアップのみを考えるのではなく、当職のために、当事務所のために骨身を惜しんでがんばってくれるのです。手前味噌ですが、非常に良い相乗効果が生まれていると思います。

    ただ、スタッフが続々と開業していくということは、採用もし続けていかないと人材が不足することを意味します。みんなが、がんばってくれれば事務所全体の評価が上がり、仕事も増えます。先月、はるばる九州は鹿児島から新たに司法書士が入所してくれましたが、正直まだまだ人材が足りません。

    ということで、「当事務所ではまだまだスタッフを募集しております」本通信をご覧の司法書士有資格者の皆様、遠方の方でも心配はいりません。実際に、当事務所は北は北海道から、南は九州鹿児島まで遠方からの採用の実績があるのですから。ご応募お待ちしております

    EXPLANATION ~解説~

    ながしま事務所通信

    TOP