自己破産

No.146 自己破産 Q&A ②

    ~ 知らなくてもなんとかなるかもしれないけど、知ってたらきっと役立つ情報をお届けします ~

    第146号 平成29年8月 発行

     

    自己破産 Q&A ② ~自己破産手続の現状

    A COLUMN ~記事~

    慣れと段取り ~ 久しぶりに料理をつくったら

     久しぶりに夕飯をつくりました。当職は家庭事情から昨年まで毎日料理をしていたのですが、自分で料理をしなくてもよい状況になって約半年。台所に立つ機会はほとんどなくなっていました。

    献立は、子どもたちのリクエストで「豚肉とネギのふんわり卵炒め」。手早くつくれるので、以前は頻繁に我が家の食卓にあがっていた料理です。何度もつくっている料理なので、「すぐできる」と思っていたら、どうにも勝手が違いました。手順はおぼえていたものの、調味料の分量も思い出せず、クックパッド先生に教えを請いながら以前の倍程度の時間をかけてようやく完成。クックパッド先生のおかげで、できばえはまあまあでしたが、しばらく料理をしないだけで、ここまで段取りが悪くなるものかと、ちょっと自己嫌悪におちいりました。毎日当たり前のようにやっていることでも、しばらくしないだけで調子がくるってしまうんですね。家事も仕事も一緒かもしれません。

    当事務所でも、優秀なスタッフのおかげで、当職が自分でやらなくてもよい(開業当初は自分でしていたけれど、今はスタッフ任せの)仕事が多々あります。お客様の相談や、不動産売買の立会等、直接お客様に会わなければいけない仕事はスタッフ任せにはできません。(当事務所には当職の外に現在3名の司法書士がいるため、お客様への対応も彼らに任せることも多々ありますが、要所要所では当職が対応しています。)ただ、書類の作成はほぼスタッフ任せです(もちろんチェックはしますが)。土日の急ぎのお客様に対応するために、当職がたまに書類を作成すると、やたらと時間がかかってしまったりします。作成する書類の内容については頭に入っていても、ソフトの使い方や印刷の仕方をど忘れしていたり…。

    仕事量もスタッフの数も増え、ある程度分業をしていかなければ仕事が回っていかないのも事実です。今後も当職が自分で書類を作成することは多くないでしょう。でも、相談や立会といった仕事までスタッフ任せにしていたら、当職は段取りの悪い司法書士になってしまい、結果お客様にご迷をかけることに繋がってしまいます。今後もお客様に「段取りのよいサービス」を提供できるよう、現場を離れることなく、できる限り当職が自分でお客様への対応をしていきたいと思っています。

    EXPLANATION ~解説~

    ながしま事務所通信

    TOP