贈与

No.119 遺贈と死因贈与

    ~ 知らなくてもなんとかなるかもしれないけど、知ってたらきっと役立つ情報をお届けします ~

    第119号 平成27年5月 発行

    変化は成長を促す ~ 特別支援学級の新入生

    A COLUMN ~記事~

    変化は成長を促す ~ 特別支援学級の新入生

    久しぶりに「自閉症」の息子の話です。

    当事務所を開業する年に生まれた息子ももう10歳(小学5年生)になりました。自閉症の息子は、地元の小学校の「特別支援学級」に、毎日元気に通っています。1学年2クラス程度の小規模な小学校において、特別支援学級に入らなければいけない児童の数はそんなに多いものではありません。息子のクラスは、入学してから昨年までずっと、1学年上の女の子と息子の2人だけのクラスでした。

    そんな息子のクラスに、今年、初めて新入生が入ってきました。今まで、クラスの中でずっと一番下の立場だった息子が、上級生になったのです。先日、授業参観があってクラスの様子を見てきました。自閉症という障害の特質からか、こだわりが強く、自分の思い通りにことを進めないと気が済まないタチだった息子が、1年生の女の子のことを気にして、かいがいしく世話をする姿に驚きました。上級生になった自覚でしょうか、息子がものすごく成長したように見えました。

    環境の変化は、人の成長を促してくれます。
    当事務所の職場環境も毎年のように変化します。開業以来、試験に合格したばかりの司法書士を雇い、数年で独立開業させるということを繰り返してきたため、毎年のようにスタッフが入れ替わるのです。実際に当事務所から5人もの司法書士が巣立ち、独立開業しています。スタッフが入れ替われば職場全体の環境も変化します。既存のスタッフにとって、その変化に対応し続けるのは本当に大変なことです。ただ、それにより既存のスタッフが成長し続けていることが実感できているのも事実です。

    「変化は成長を促す」と前向きに考えていきたいと思う今日このごろです。

    ながしま事務所通信

    TOP